トラブルの事例を知る

相談する借地権を家族で引き継いでいくこともありますが、これもトラブルを引き起こしてしまうケースがあります。親から相続によって土地を引き継いでいったものの、他に生活をするために設けている家を持っていた時は要注意です。専門的な不動産会社などに使わないので、どうしようか考えていると相談するケースが非常に多いです。

親の世代で使っていることもあり、すでに建物は老朽化した状態になっていることが多いです。生活していない状態だとすると、老朽化のスピードは速くなっていきます。そして放置した状態となると、躯体部分は腐っていってしまいます。やがて朽廃状態となりますが、こうなると地主から借地権に関して存否を聞かれてしまいます。最悪のケースになると、借地契約の解除であったり買取というケースもあります。さらに新設された空き家対策に関して制定された特別措置法などで、建物の所有者に関して通知が来ることもあります。通知が行われた後で改善が全く見られない時には、強制的に撤去を行政が行うこともあります。

もしも借地上の建物が老朽化した時などで、選択肢として現状のまま売却してしまったり、リフォームなどで貸与する対応策があります。さらに地主に対して借地権を返還することも有効です。方法は状況によって変わるので、専門家に相談しながら決めましょう。

【参考情報】借地権売却