借地権の買取とは

底地問題様々な不動産や土地がありますが、底地問題が発生することがあります。解決法は色々と存在しているものの、それぞれでメリットとデメリットが存在しています。もしも自分自身が土地を所有している時、底地の問題を解決していくために方法を考えて、適切かどうかを吟味していきます。借地権などの問題については専門家の力を頼りながら、しっかりと解決法を探る必要があります。

とにかく借地人より、借地権を買取で手に入れていこうとする方法が多いです。借地人が借地権について売却を検討している時に応じていったり、借地権が設定されている土地を使いたい時などに、この方法を活用していきます。通常ならば、借地人が借地権を他の人へ買取してもらったり売却しようとする場合、売却価格の中で10パーセント以上が買取などで生じる譲渡承諾料にしなければなりません。これを地主に支払っていくことによって、権利を手に入れることができます。

借地人から見ていくと、地主に買取をしてもらうことによって、譲渡承諾料が発生しないメリットを借地権において享受していくことができます。しかし地主が借地権を買取っていこうとする場合に、国税庁があらかじめ定めている路線価図へ掲載している割合以上に10パーセント程下げた状態で買取を実施しています。地主が持つメリットは、土地を完全に所有している権利を持っていることによって、売却やしっかりと活用していくことが可能となります。徐々に選択肢を広げていくことができるため、資金のデメリットの部分がありますが十分に活用できます。