トラブルの事例を知る

相談する借地権を家族で引き継いでいくこともありますが、これもトラブルを引き起こしてしまうケースがあります。親から相続によって土地を引き継いでいったものの、他に生活をするために設けている家を持っていた時は要注意です。専門的な不動産会社などに使わないので、どうしようか考えていると相談するケースが非常に多いです。

親の世代で使っていることもあり、すでに建物は老朽化した状態になっていることが多いです。生活していない状態だとすると、老朽化のスピードは速くなっていきます。そして放置した状態となると、躯体部分は腐っていってしまいます。やがて朽廃状態となりますが、こうなると地主から借地権に関して存否を聞かれてしまいます。最悪のケースになると、借地契約の解除であったり買取というケースもあります。さらに新設された空き家対策に関して制定された特別措置法などで、建物の所有者に関して通知が来ることもあります。通知が行われた後で改善が全く見られない時には、強制的に撤去を行政が行うこともあります。

もしも借地上の建物が老朽化した時などで、選択肢として現状のまま売却してしまったり、リフォームなどで貸与する対応策があります。さらに地主に対して借地権を返還することも有効です。方法は状況によって変わるので、専門家に相談しながら決めましょう。

【参考情報】借地権売却


地主がポイントとなる

トラブル借地権を売買していく時には地主がキーポイントとなっており、いかに地主がどのように考えていくかで大きく方向性が変わってきます。地主が持っている考えというのは実に様々で、これから借地権を買取っていきたかったり、借地における地代などをもらいながら収益を上げていきたいなどの悩みを解消することができます。譲渡を地主によって認めてくれないこともあったり、買取ってもらうこともできません。更地にしてほしいと、地主から言われることもあるので注意しなければなりません。

借地権を売買していこうとするために、地主の承諾は絶対に必要です。交渉していく段階の中で、地主の意向を無視してしまうと危険です。この状態で交渉を進めていってしまうと、徐々に話がこじれてトラブルになってしまうこともあります。こうなると承諾を認めてくれないケースもあります。

地主との交渉に関しては、細心の注意を払いながら行っていかなければなりません。借地権に関して詳しくない業者が仲介していくと、さらにトラブルに巻き込まれるので依頼する時は注意しなければなりません。例えば借地権の割合が60パーセントで、同じ割合で所有権の価格で売れるとそそのかれて、業者がトラブルを引き起こすこともあります。十分に実績などを確認しながら、的確に決めるようにしましょう。


借地権の買取とは

底地問題様々な不動産や土地がありますが、底地問題が発生することがあります。解決法は色々と存在しているものの、それぞれでメリットとデメリットが存在しています。もしも自分自身が土地を所有している時、底地の問題を解決していくために方法を考えて、適切かどうかを吟味していきます。借地権などの問題については専門家の力を頼りながら、しっかりと解決法を探る必要があります。

とにかく借地人より、借地権を買取で手に入れていこうとする方法が多いです。借地人が借地権について売却を検討している時に応じていったり、借地権が設定されている土地を使いたい時などに、この方法を活用していきます。通常ならば、借地人が借地権を他の人へ買取してもらったり売却しようとする場合、売却価格の中で10パーセント以上が買取などで生じる譲渡承諾料にしなければなりません。これを地主に支払っていくことによって、権利を手に入れることができます。

借地人から見ていくと、地主に買取をしてもらうことによって、譲渡承諾料が発生しないメリットを借地権において享受していくことができます。しかし地主が借地権を買取っていこうとする場合に、国税庁があらかじめ定めている路線価図へ掲載している割合以上に10パーセント程下げた状態で買取を実施しています。地主が持つメリットは、土地を完全に所有している権利を持っていることによって、売却やしっかりと活用していくことが可能となります。徐々に選択肢を広げていくことができるため、資金のデメリットの部分がありますが十分に活用できます。